イベント規約

宝塚23万人の花火大会実行委員会規約

2018年1月15日 施行

1.名称

(1)本会は、宝塚23万人の花火大会実行委員会(以下、「本会」という)と称する。
(2)本会の実施するイベント表記は〈宝塚23万人の花火大会〉(仮称)とする。

2.目的

100年の歴史を持ち、夏の宝塚の風物詩である観光花火大会が中止となって2年、市民からは復活の声が寄せられている。本会は宝塚市、宝塚市国際観光協会と協同して、この花火大会を復活させると共に、これを契機に魅力ある、活力のある街づくりをめざすことを目的とする。

3.事業

本会は、前項の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)『宝塚23万人の花火大会』(仮称)の開催、市民や参加者との交流の場を創る。
(2)『宝塚23万人の花火大会』(仮称)にかかるPR、情報の収集、記録の保存を図る。
(3)その他、本会の目的達成に必要なこと。

4.組織

本会の組織は次のとおりとする。

(1)実行委員は、本会の目的に賛同して参加した個人で、本会の事業の基本方針、予算および決算、規約の改正、その他の重要な事項を審議し決定するとともに、事業開催のための企画、準備および事業の運営をおこなう。実行委員会への参加は実行委員1名の推薦を受け、実行委員会の承認を得るものとする。サポータは、目的に賛同する個人または団体で、事業開催の準備および運営を補助する。
(2)実行委員長は本会を代表する。
(3)事務局長は実行委員長を補佐し、事務を総括する。
(4)監事は本会の会計を監査する。
(5)役員は実行委員の互選による。
(6)役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

5.実行委員会の決議および委任

本会の決議は実行委員の過半数が出席した会議により、その過半数をもっておこなう。
ただし、書面回覧、電子メール、電子会議等による全員の承認をもって決議に代えることを認めるものとする。

6.事務局

本会の事務局は、宝塚市栄町2-1-1宝塚商工会議所内におく。

7.【会 計】

(1)本会の経費は『宝塚23万人の花火大会』の協賛金、寄付金、参加費、およびその他収入をあてる。
(2)本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり12月末日に終わるものとする。
(3)会計は監事で管理する。

8.規約の改正

この規約の改正は、実行委員の3分の2の賛成をもって行う。

【附 則】

この規約は、2017年12月25日から施行し、初年度に限り同日からの会計年度とする。