イベント概要

宝塚23万人の花火大会について

宝塚観光花火大会は大正2年に始まり、100年の歴史を誇る阪神間の夏の風物詩でした。

しかし、平成28年から花火大会における安全対策費の高騰(諸経費9,000万円他)などが理由となり、現在休止になっている状態(情報提供先:宝塚市Webサイト)で、市民から多数の復活の声が寄せられるものの、現在もなお、再開のメドはたっていません。

そこで今回、宝塚市内の小さな市民団体が協力しあい、再開の機運を作ろうと企画したのが「ギネス世界記録TM」への挑戦です。

このイベントを成功させることにより、宝塚だけでなく阪神間で広く愛されてきたこの花火大会を復活させる機運を盛り上げ、更にこれを契機に魅力と活力あふれる夏の風物詩として、再び宝塚花火大会を復活させたいと考えております。

この趣旨をご理解いただける皆様、ぜひご協力ください!

宝塚花火大会
(花火写真提供:宝塚市・宝塚市国際観光協会)

ラインダンスで世界記録達成!あの感動をもう一度!

宝塚1万人のラインダンス

2014年、宝塚では「歌劇100周年、市制60周年、手塚治虫記念館20周年」の「宝塚市トリプル周年」を記念し、「宝塚1万人のラインダンス」と称したギネス世界記録TMに挑戦するイベントを開催、挑戦カテゴリー「LONGEST LINE OF DANCERS(一直線のラインダンス)」において、見事4,395名で世界記録を達成いたしました。

宝塚1万人のラインダンス

この世界記録は宝塚市民だけでなく、宝塚を愛する人々が一丸となって達成した記録であり、証でもあります。

今回もまた、ギネス世界記録TMに挑戦することで、人々が一丸となり、宝塚花火大会の復活という新たな目的に向かって動き出す歴史の一歩となればと願っています。

宝塚1万人のラインダンス

→挑戦するギネス世界記録TMについてはこちら!

主催

宝塚23万人の花火大会実行委員会
宝塚商工会議所青年部
宝塚青年会議所
エフエム宝塚
宝塚市文化財団
J:COM
記憶の中の『生』再現プロジェクト

後援

宝塚市
兵庫県阪神北県民局
宝塚商工会議所
宝塚市国際観光協会

特別協賛

大和証券、宝塚商工会議所、宝塚市国際観光協会、宮本工務設計事務所HD(宮本設計・アアク設計)、ホテル若水
FM宝塚835倶楽部、J:COM、前田の菊芋、金井重要工業、三和建設、宝塚高原ゴルフクラブ、宝塚中ロータリークラブ、住友不動産販売 逆瀬川営業センター、大阪砕石工業所、ヤナセ西宮支店、朝日新聞 内田新聞舗、森原システムエンジニアリング、奥本電気、リ・レント、クルーズ、パルピット、シンリュウ

協賛

アピア名店会、大門医院 大門鍼灸接骨院、司興業、居酒屋ダイニング 寛や、とりの館、旭国際宝塚カンツリー倶楽部、阪急田園バス、いかりスーパーマーケット、いづみや本舗、売布建設、大本山 中山寺、宝塚料飲綜合組合、兵庫トヨタ自動車宝塚店、古川テニス企画 宝塚テニスクラブ、コープこうべ 第1地区活動本部、関西学院 初等部、読売センター宝塚 MKJメディアサービス、清荒神清澄寺、福間法律事務所、尼崎信用金庫 宝塚支店、ナルトシザー、宝塚花のみち法律事務所、宝塚富士ベーカリー、リファインノーム、チュウブ、武庫川ベニヤ、エビスシマダ、山田建設興業、宝塚第一病院、KMG チボリゴルフセンター、新明和工業、うなぎ処きし、宝塚市商店連合会、宝塚北サービスエリア、宝塚料飲、今里食品、ソリオ宝塚名店会、ソリオ宝塚都市開発、宝塚だんじり連合保存会、すし処 大政屋、ラプトサウンド、ルマン、J・カレッジ、ナビック、MKプロモーション、たからづかカートフィールド、タイムズコーポレーション、linkworks、阪急阪神ホテルズ 宝塚ホテル、イルチブレインヨガ宝塚スタジオ、吉貴建設、炭火焼肉 寿苑、聖隷福祉事業団 ウェル・エイジング・コミュニティ 宝塚エデンの園、アサヒ飲料 近畿圏統括本部、がんこ宝塚苑、宝塚市自治会連合会、たからづか牛乳、宝塚砕石、福島労務サポートオフィス、ホテルカレント宝塚、村田キヨ子税理士事務所、アドバンス、武田尾温泉 紅葉舘 別庭あざれ、矢野工務設計事務所、陽春園植物場、クイックサポート、プレディライト、阪急阪神百貨店 宝塚阪急、中武建設工業、宮崎牧場、竹田一也税理士事務所、宝塚山本郵便局、宝塚売布郵便局、宝塚中山五月台郵便局、宝塚安倉郵便局、西谷郵便局、宝塚南口郵便局、宝塚駅前郵便局、COTY-TAKARAZUKA-、大谷建設、門田安正税理士事務所、作樹園、谷井水道工業所、坂下工務店、育種園、炊き鍋 たじ牛、兵庫六甲農業協同組合宝塚支店、金谷建材店、築野食品工業、薔薇園グループ、お好み焼き鉄板焼き朋、ホンダカーズ兵庫、エステティックサロン ラ・ルチル、ハイレックスコーポレーション、、岡朋子税理士事務所、宇都宮建設、小塩英樹税理士事務所、宝塚法律事務所、さん志ょうや本家、ベストパートナー司法書士・行政書士事務所、アークマネージメント、島家 宝塚ワシントンホテル、カメヤマ ローソク、野村證券 宝塚支店、らびっと、UCCフーズ、ファミリーエイジェンシー、よつば法律事務所、社会保険労務士みきもとし事務所、NII建築サービス、山内興業、花カフェ FLOWA、伊藤園 伊丹支店(順不同)

日時

平成30年8月11日(土曜日)18時~21時
・受付開始 17時~18時
・受付〆切 18時30分

※予備日(8月12日)

会場

武庫川河川敷(宝塚大劇場前)

→開催場所のご案内はこちら!

参加資格

先着2,300人の参加登録者に限ります。また、本イベントはギネスルールとして、「線香花火(150秒)を自分で着火でき、持ち続けることができる人」が対象となります。

禁止事項

  • 参加申込をされていない方は、ギネス挑戦エリアに入ることができません。
    付添いの方は観覧スペースでお待ちいただきます。
  • お子さんに手を添えるなど、親御様が補助すると失格となってしまいますので、ご注意ください。

参加方法

参加登録は、5月24日(木)16時より、クラウドファンディングサイト「マクアケ」にて、先行して公募開始いたします。一般公募は、6月4日(月)10時より、本サイト及びFAXにて公募開始いたします。

参加費

1,000円(ギネス世界記録TM参加料、長~い線香花火2本、記念タオル

  • 参加費の振込手数料は自己負担でお願いいたします。
  • ギネス世界記録TM認定証は、記録達成後にホームページで販売いたします。
  • 大人・子ども 同一料金です。

FM宝塚番組

「ギネス世界記録TMに挑戦!宝塚23万人の花火大会!! 」
8月11日(土)18時から生中継!

当日はエフエム宝塚がイベントを生中継、花火への一斉点火の模様や「ギネス世界記録」達成の瞬間をお伝えする予定です。